空撮で活躍するドローン

ドローンは農薬散布でも活躍していますが、そのほかにもさまざまな場面で活躍しています。中でも誰もがイメージするのが空撮ではないでしょうか。ドローンによる空撮はこれまでに無い映像になることから、さまざまな映像作品で利用されています。そのため、空撮をするためにドローンの導入を考える方は多いことでしょう。

空撮をするにはカメラを搭載したドローンが必要になりますが、高性能のカメラはどうしても重量があります。そのため、少しでも画質の良い空撮を求めているのであれば、ハイパワーなドローンが必要になるでしょう。空撮専用のドローンは数多く販売されており、複数のプロペラ、ジャイロ、加速度センサーなどが搭載されており、安定した空撮が可能となっています。

また、空撮をするのであれば複数の角度から撮影をする必要があり、大容量のバッテリーが必要になります。安価で購入出来るホビードローンやトイドローンも販売されていますが、こういった小型ドローンはバッテリーも小型ですので10分程度しか飛ばすことが出来ません。しかし、空撮専用ドローンは大容量のバッテリーを搭載しており、30分程度の飛行が可能になっているのです。そのため、空撮目的でドローンを購入するのであればこういった部分に注意しましょう。