ドローンを購入して散布

農業の技術は年々進化しており、ドローンによる農薬散布が当たり前の時代となりました。そのため、プロのドローンパイロットに依頼をして農薬散布をする農家も増加しているのです。これまでのドローン農薬散布はパイロットが少なかったためどうしても高額になっていましたが、現在はその料金も落ち着いています。しかし、よりコストダウンをしたいと考えているのであれば、ドローンを購入して自分で操縦して農薬散布をすることでしょう。実際に購入するのであれば初期費用が気になるものですが、どれだけかかるのでしょうか。

農薬散布をするには農薬のタンクを積載する必要がありますので、高性能のドローンが必要になります。そのため、これまでそういったドローンを購入するには300万円ほどかかっていました。しかし、現在はドローンの価格が下がっており、100万円ほどで購入出来るようになっています。これによって、自分でドローンを購入して農薬散布を行う農家が増加しているのです。

しかし、ドローンを購入したからといって、いきなり農薬散布が出来るわけではありません。10時間以上の飛行経験、5回以上の散布経験が必要になりますので、これらはドローンスクールで身につけてください。