農薬散布用のドローン

家電量販店や通販サイトでドローンが販売されており、手軽にドローンが始められる時代となりました。現在は趣味としてドローンを飛ばすだけでなく、世界各地でドローンレースなども開催されています。国内でもドローンレースが行われるようになり、ドローンは私たちにとって身近なホビーと言えるでしょう。しかし、ドローンは趣味として飛ばすだけでなくさまざまな場面で私たちの生活を支えているのです。

ドローンが活躍する代表的な場面といえば農薬散布でしょう。もちろん、これまでも無人ヘリを利用して農薬の散布が行われていましたが、無人ヘリの機体は500万円以上ですので個人で購入することは非常に困難です。そのため、外注に依頼して無人ヘリから農薬散布を行っていましたが、そこには大きなコストがかかっていました。農薬散布は年に何度も行いますので、農薬散布だけで100万円をオーバーすることも珍しくありません。

しかし、農薬散布用のドローンでしたら100万円~300万円で購入が可能で、個人で農薬散布用ドローンを購入することで好きなタイミングで散布が出来ます。そのため、無人ヘリよりもはるかにコストカットが出来るのです。年間の農薬散布コストを考えるとドローンの購入は十分に元が取れるでしょう。

農薬散布用のドローンは年々進化していますので、こちらに興味のある方は多いことでしょう。そのため、こちらには農薬散布用のドローンをはじめとしたドローン情報を集めましたので、ぜひ参考にしてください。


▽管理人参考サイト
農薬散布のためにドローンを上手に操縦できるようになりたいと考えている人は多いと思います。独学で学ぶのは厳しいという方は、実践を交えながら操縦技術を学べるドローンスクールが向いているでしょう ⇒ ドローンスクール